ホーム > 問題点(環境・法律)

問題点(環境・法律)

マルハンの出店により児童デイサービス施設が閉鎖の危機

今回の出店により、建設予定地すぐそばにある児童デイサービス施設「たからばこ」が施設運営継続の危機にさらされています。

児童デイサービスとは
---------------------------------------
児童福祉法に基づく、障がい福祉サービス事業。就学前に通所で療育する保育施設的な事業と、就学後の放課後にサービスを提供するものがある。事業所の認定は県が行う。
---------------------------------------

たからばこさん市長交渉資料(ダウンロード下記)にあるとおり、現在子供二人に対して指導員一人、子供五人に対して指導員三人といった体勢で屋敷近隣公園まで子どもたちを遊ばせに行っている状態です。

なかには音や光に敏感に反応する子供などがおり、児童の安全の為に福祉事業所としてマンツーマン対応でしか、外へ遊びに行く事は許可できなくなるとの事です。

人件費がかかることが明らかで運営の継続が危ぶまれています。
オリンピック・パラリンピックオフィシャルパートナーであるマルハン出店によりこういった施設が危機にさらされるのは皮肉です。
  

 

たからばこさん市長交渉資料.pdf
PDFファイル 113.8 KB

道路環境がもともと危険であると非常に問題視されている地区への出店

今年すでに2回児童との事故があった危険な場所に、パチンコで負けて興奮している運転手が通る危険性
 
 
今回マルハンが出店を計画している地区・道路は、以前より非常に危険であると住民から声が多く上がっている地区です。

流入経路・流出経路としては上記図の通りのほぼ2通りしかありません。
 
 
◆(仮)マルハン習志野店西側道路
(仮)マルハン習志野店から退店した車は殆どこちらの道路へ流れることとなります。
東側道路がさらに道路事情が悪いため、マルハン社もこちらの道路へ退店者を誘導するとのこと。

西側の道路を見ていくと特に退店後の帰路に問題があります。

退店直後、長い見通しのいい直線となっており、スピードを出しがちです。
現在でも飛ばす車が後をたちません。

 

隣接マンションのミレナには歩道があり、この区間は特に問題ありません。

 

その後、マンションの歩道がなくなりほとんど人が歩くスペースが無くなってしまいます。
 

その後はセブンイレブンまで、人が車道にはみ出して歩き、それを車が避けるといった状況の道路が続き非常に危険な箇所となっています。
 
 
 

この道路は通学路となっており、学校帰りの児童が多い時間帯とマルハンからの退店者がピークに近づく時間帯とが重なるため。大きな事故が起きないか非常に心配です。

実際に2013年に入ってから少なくとも2回児童と車の接触事故が起きている、非常に危険な道路環境です。

  
 
  
こういった道路環境にパチンコで負けて興奮しているドライバーが飛ばして運転をしてくる可能性があるという事を想像しただけでぞっとします。

 

キーワード 検索ヒット件数
パチンコ 腹いせ + パチスロ 腹いせ + スロット 腹いせ 719,000 件
競馬 腹いせ
260,000 件
競輪 腹いせ
57,300 件
競艇 腹いせ 54,500 件
オートレース 腹いせ
15,500 件

 
 
 
◆(仮)マルハン習志野店東側道路

東側道路は相互通行が不能な箇所が複数あるのに加えて、見通しが悪く対向車が見えない箇所が多いため、日常的にスレ違いのためにバックするといった光景が見られます。

マルハンの誘導計画では、退店時は東側に行かないのうに誘導するとの事ですが、来店経路を誘導する術はなく、武石IC方面から来店する車が相互通行できない道に溢れかえり、近隣住民の交通への悪影響や緊急車両の侵入を阻む、といった問題があります。

実籾高校の目前

法律上必要な100mは離れておりますが、途中遮るものがなく高校から常に風俗店であるパチンコ店が見えている状況となり教育への悪影響が考えられます。

また、通学路として利用されており非常に多くの学生が前を通ることとなります。

実籾高校-パチンコ店 の視線を遮るものがほとんどありません。
 

建設予定地東端

 

少し進むと特に建物もなく

 

実籾高校に到達します。

住宅地の真ん中への出店

赤枠:建設予定地
青枠:住宅地 
緑枠:学校・福祉施設・公園
その他:畑・空き地・工場 

実籾高校からの距離について 条例に抵触しない? そして条例の廃止・・・

市の解釈では条例に抵触しないとの事

◆習志野市風俗営業等の規制に関する条例
(3) 営業所 風俗営業等の用に供する家屋又は施設のうち、直接営業の用に供する部分をいう。

第3条 教育施設の敷地(これらの用に供するものと決定した土地を含む。)の周囲おおむね200メートルの区域(以下「規制区域」という。)内に風俗営業等を営もうとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

交通問題

・道幅、歩道が狭い
・ガードレールがミレナ前の歩道のみ
・電柱があるため更に狭い

・通学路のため生徒、児童が多く通る
・屋敷近隣公園に近く児童が多く通る

・長い直線でスピードを出す車が多い
・照明が少なく、夜は特に視界が悪い
・ギャンブルに負けた客による無謀運転のおそれ

・過去に多くの事故が発生している

教育への悪影響環境・治安の悪化 資産価値の低下

・実籾高校への悪影響
・屋敷小、実籾小、大久保東小、習志野二中、習志野六中の通学路
・近隣に屋敷近隣公園があり、近隣に住む児童や、幼稚園や保育園から多くの子供たちが遊びに訪れる
・周辺は住宅地に囲まれており、子連れ世帯が多く住むマンションや戸建てがある

・人の往来が増えることによる、歩きタバコやゴミのポイ捨ての発生
・店内BGMやパチンコ遊具の稼動音による騒音の発生
・地域住民と面識のない、多種多様な利用者の来店に伴う治安の悪化

・土地・住宅資産価値の下落
・居住率低下に伴う、維持管理費の負担増

サブメニュー


署名注意点
・住所が「同上」、「〃」は無効
・自筆で記入
 ※妻、夫の代筆不可
・習志野市外の方も可

アクセスカウンター


習志野市屋敷パチンコ店出店問題連絡会
ysk431[アット]gmail.com
twitter @ysk431